7/12森吉連瀬沢左又遡行

約1年前の7/27に山の会山行として7名で遡行した際、参加者1名が左又に入って すぐの小滝でずり落ちして足首強捻挫し途中撤退していた。 あれからリハビリも重ねて秋までに3回は沢遡行も重ねてほぼ沢復帰と思っていた が、当方側の種々問題のせいや足首の不調やらで今回は同行できず残念 ではあったが、誰も皆、再挑戦の機会をうかがっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お知らせ・・・

ブログトップでも書いております通り、ブログを引っ越します。 勝手ながら、新サイトは所属山岳会会員の皆様と知人のみにお知らせするつもりです。 拙ブログゆえ内容がお恥ずかしい内容のためです。 また、今後種々事情につき、当面は月1回程度の山行しか出来ない環境となりました。 ぶっちゃけ、大不況影響により夜間のアルバイト日数を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6/28高下川~沢始め(編集完了)

28日は山の会のK造先生と沢始めとして岩手の高下川を沢遡行してきた。 所属会のホームページの山行記事はこちら↓↓ http://www7.plala.or.jp/honjo-yama/ おやぢの加齢な沢登り姿とあほ顔が見れます(笑) 夏の沢登りの醍醐味は、何と言ってもシャワークライムではないだろうか。 下界では猛暑のこ…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

6/22某P999までトレ&タケノコ採り

週末土日は体調不調につき、ドライブ&イワナ釣り等で我慢してた。 土曜日のばりこさんのp999経由大白森記事を見てやおらp999まで 行ってみたくなった。 p999近くで多く咲いていたユキザサ。 昨年同時期22日は森吉桃洞沢 http://yamaoyaji005.at.webry.info/200806/a…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

6/18MTBチャリ1,600km越え。

昨年秋に600kmだったか800kmだった距離計をリセットしてしまったが 昨日通勤復路で1,000kmを越えたので、購入してから1,600km以上は 走った。 片道800km・・秋田から長野経由で静岡までの距離を往復したことになります(笑) 5月和賀行きの際に砂利林道で大転倒し、体もボロボロ、MTB自体もだいぶ痛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6/13焼石岳~姥石平花満開記(編集完了)

前週は雨で山頂・姥石平まで行けなかった。 いくぶんか好天も期待し会社の山友人に誘われるまま2週続きの焼石岳行とした。 一瞬の雨に見舞われたが好天の姥石平は予想外に花満開だった。 前週、8合目からの下山の際、右股関節が痛く、今回も不安はあったが 登行時にはさらにめまいが酷く体調は最悪だった。 こんなに写真…
トラックバック:9
コメント:14

続きを読むread more

6/7焼石岳~雨中の花めぐり。

前日の土曜に予定してた焼石の花めぐりも、夜通しの雨で日曜に延期。 しかし朝方までまた雨。それでも同行のbarry殿の晴れパワーか 出発時には東側も明るくなってきた。 こんな極上のシラネアオイの大株群落も こんなガラスの彫刻のようなサンカヨウでさえも ここの花園{%サクラ(チカ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

5/24真昼岳峰越峠~リハビリ

前回、和賀岳帰路、砂利林道にて大転倒した際のケガ等で「別荘送り、収監」の身と なってしまい、5/22に晴れて出所の身となり大人しくしておれない懲りないおやぢは 車で真昼峰越峠まで向かい界隈をほっつき歩くこととした。 「林道脇のオサバグサ」 赤倉口では主稜線に出て標高約千m付近でないと見られない「オサバグサ」が なん…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

5/10~和賀岳(アプローチ片道45kmチャリ使用)~速報

今回は自宅から片道約45kmのアプローチをMTBチャリ使用して 和賀岳まで行ってみた。 長い長い林道アプローチ、薬師岳への登りでバテ諦め半分だったが 和賀岳山頂までなんとか行ってきました。 昨年5/6より花時期が1週間ほど遅れていたようだった。 帰路、砂利林道カーブで大転倒し全治2週間程のケガをしてしまった、反…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

5/5~鳥海山北壁山スキー直登、滑走~速報 

貴重な連休、バイトずくしだったがなんとか5日には 今期初鳥海、しかも課題であった山スキー直登とダイレクトラインでの 滑降にトライしみた 山の会員のK玉君から同日の北面滑降のお誘いメールを見落とし 単独で入山、しかも5合目着は遅れに遅れてしまった 運動不足と寝不足とバイト疲れからか、超ローペースとなっ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

4/20~真昼岳早春~続報

記事を細かく書く余裕なく、以下、写真ペタペタでご勘弁をm(_ _#)m MTBでアプローチを激走?途中から真昼岳 ちょっと遠くに和賀岳も見えます たんぼの傍らに咲く名も知らぬ花もUPで撮ればウツボグサ並み? やっと赤倉沢口林道入口着です。牧場奥の一本桜もまだ一分咲きです 調整池の水面に萌…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

4/20(月)~真昼岳早春~速報(自宅よりMTBにて途中まで)

どうもバイト(週5日間の夜間、曜日はランダム)のせいか、疲れまくりで モチベなどという言葉は忘れてしまうほどの中、 バイト休みの月曜昨日は、自宅からアプローチをチャリを使用し 真昼岳へ向かってみた。 主稜線に出るずっと下のブナ林下に群生するイワウチワ。 この時期のこの山の見所でもある。 なんて悩ましい色具合なんだろう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

4/12~稲倉岳東面直登ルンゼ

個人的にバイト等で山活動も制限をせざるを得なくなり山の会も休会 を考えているが、まずは自分として30年振りのここの直登ルンゼに 再挑戦しバイト疲れし今の弱い自分にハッパを掛ける意味もありルンゼ 行き参加を決めた。 「高みへ・・・」それは単純に山の最高の魅力となるときがある 鳥海山の超広大な北面の前衛峰と…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

4/11裏山闊歩

金曜日は近くの某球場裏山へと今日は市内近くの裏山へ闊歩してみた。 写真は全て ケータイ写真(200万画素)でお見苦しくすんません。 すぐ裏山のここは、野うさぎやカモや植物の楽園で格好の闊歩場所だった。 某市の球場を作るためにその貴重な楽園を切り崩して球場と回りを 芝生貼りの公園にした。 住宅地のすぐ傍でも静…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

4/6・・ぼやき

前文もといっ。 ブログ停滞解除宣言。 「ぼちぼちマイペースで」続けますよ~(笑) 4/12(日)はバイトも休みを取った!!! い、いざ、稲倉岳東面直登ルンゼへ30年ぶりに会で挑戦か???{%ファイト(チ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3/29秋田駒ケ岳~ラストパウダー&ジ・エンド?

魅惑のBCエリア 秋田駒ケ岳・・ 寒気流入のせいもあるが もうすぐ4月、春というのに このパウダーを頂く男女岳のメローな斜面はBCスキーヤーを誘う 過去に幾度となく冬縦走はことごとく吹雪きにやられ 駒~乳頭冬季縦走は未だに成し遂げてない さすがにもうすぐ春か 幸運の彩雲をまとってお出迎え …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

3/21~いざ、ガリバーンへ・・・

いざ、ガリバーンへ っと引っぱっておいて、いざ、ガリバーンへ「行けるようにスキーアイゼン を自作」な一日でした(笑) 季節はもうパウダーの時期は完全に終わりの雰囲気。 スキーアイゼンを持っていないおやぢは、↑こんなガリバーン混じりの斜面は 苦手なのです。 誰ですか?ガリバーンでない斜面でも「すぐバテるくせ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

3/15~荷葉岳山スキー行続編、そして激パウ滑降へ

頂稜尾根ブナ林を抜けてからの「無木立大バーン」は「激パウ」だった。 P1,174ピーク東側の穏やかな鞍部大ブナ林帯勝手に命名「天国」 に戻って14時過ぎにツエルトを張って遅めのランチ。 益々晴れ上がってきて青空が眩しい。解けた樹氷が風に舞う。 初春を感じさせる午後の柔らかな日差しが「天国」をより幻想的にさ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

3/15~荷葉岳ラストパウダー山スキー山行

15日は、田沢湖高原を挟んで秋田駒~乳頭山系の西側方面にある荷葉岳(かようだけ1,254m) へラストパウダー?を求めて弟子っ子と山スキーに出掛けた。 山頂にて田沢湖を見下ろす大絶景を背景に大満足の弟子っ子。 秋田市の有名な某登山家Oさんより素晴らしい山と伺っていた弟子っ子に20日に山の会山行 予定があったが本日…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

円形フェードアウト加工

かめごんさんへ 円形フェードアウト加工ですが↓をご参照されてもう一度トライされてみて下さい。 簡易ソフト「JTrim」にて 「フェードアウト」を選択すると下記指定出来ます。 で、フェードアウトする範囲を調整します。 下記は、30で設定した場合です。 フチ側だけがフェードアウトしてますので、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more