やまおやぢのほっつき歩記

アクセスカウンタ

zoom RSS 10/13高松岳ワルイ沢〜コーフンの沢納め行

<<   作成日時 : 2008/10/16 23:07   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10


連休最終日はK造先生から沢納めとしてお誘いのあった「ワルイ沢」に向かった。
画像

尾根1本を隔てて南側の沢「三滝沢」は緩いナメ続きの沢であったが
ワルイ沢は名前から想像してたのと反対に、ゴルジュありナメ滝あり大滝ありの素晴らしい沢だった。

深夜01時起床、02時自宅発MTBチャリで合流場所の横堀へ向かう。(約40km3時間)
1時半に弟子っ子へ影鳥海夜間行を気をつけるようにメールする。
(普通ならこんな時間にメールしませんが、山屋同士ならではですねf(^^;; )

国道13号の温度表示は5℃だった。寒くて鼻水が止まらない。
シャツ2枚とゴア合羽着て正解だった。
道の駅手前で流れ星を見た。今日の2班の登山の無事を祈った。

余りに寒く、途中コンビニでミニカップラーメンを食べ温まる。雄勝道の駅で少々仮眠す。

5:50頃、横堀で夜が明けた。鳥海班もきっとご来光と影鳥海が見れたことだろう、と思った。
画像


K造先生と合流し湯の又を目指す。
温泉手前のP491から林道へ入りすぐの所に駐車。三滝沢と同じ。
細い作業道を辿り途中からツブレ沢に下りて堰堤手前からいよいよワルイ沢に入る。7:10

10分ほど遡行してすぐ滝に出合う。右上するバンド帯を楽に登行できた。
画像


7:43、「くの字型2段大滝7m+5m」着。下段の滝は取り付きが50度近いシャワークライミング
が強いられるようでスタンス・ホールドにも乏しく、あっさりと大高巻きを決定す。次夏再挑戦希望。
画像


大滝の右岸手前からブッシュ・ヒバ交じりの急登で大高巻きをして上段の滝上に懸垂下降なしで降りれた。8:10
上段の滝落ち口から下段の落ち口を覗く。沢底は見えない。上段は右岸側ルンゼを直登出来そう?
画像


滝上は綺麗な壷を持ったナメ滝が連続してた。
画像


かと思うと両岸が高いスラブ壁となり、狭いゴルジュ状となったりで全く飽きが来ない。
幅も微妙で遡行方法を考えさせる面白い沢だった。
画像


スラブを背に「ウィ〜ッシュ」のポーズを決めるK造先生。真面目な先生をだんだんおやぢが感化させた?(笑)
画像


こんな直登するには「ビミョ〜」な小滝が連続する。先生も私も1度目は落ちましたf(^^;
画像


このくらいの小気味良い小滝が連続する
画像


画像


狭いゴルジュ!
画像


ナメ小滝、滝壷の連続です
画像


画像


三滝沢や虎毛沢にあるような亀甲に近い模様があります
画像


沢に切れ込む急傾斜のスラブにK造先生が挑みます?
画像


この日くらいの水量が平均なのか、細いルンゼ状に削られたと想像されるような小滝
画像


画像


源流部が近くなり空が近く、すっきりと晴れ上がった青空と紅葉がまぶしい
画像


核心部の20mの滝。意外にもお助けロープで右壁側を登行できた。
画像


ほぼ枯沢になってから地図にない枝沢を1本南側へ向かったので少々南側から尾根に向かったが
少々のヤブ漕ぎで無事に登山道に出た。ブナ黄葉が森吉の森に負けじと燃えてた。
画像


赤・黄・緑の黄葉色3セット
画像


林の奥に黄金色に輝く黄葉にドキっとする・・
画像


ガンジャ沢下降点少し手前の展望台より栗駒山方面を望む。
内陸地震の時の土石流の爪痕らしきものが見えた。
画像


高松岳山頂方面が見えた。でも本日も山頂へは向かわず、ガンジャ沢へ下降する。
画像


K造先生、お疲れ様でした。来シーズンもまたよろしくおねがいします。
画像


小金色の黄葉をしっかりと目にも焼き付けて
画像


高松岳のブナ黄葉も森吉のに負けじと燃える
画像


下降は緩〜い癒しの沢、ガンジャ沢へ
画像


湯ノ又温泉が近づくと、沢沿いに天然湯が噴出します
画像


昨年同時期に大量だったという「サワモタシ」 今年は幼菌に近いような小さなものしか採れなかった
画像


ガンジャ沢の緑色鮮やかなコケ
画像


林道に出ると、ツタの一種か、おやぢこのみのハート型の黄葉があった(笑)
画像


湯の又大滝
画像


高松の紅葉よ、また来年
画像


形の良いもみじの紅葉
画像


下山時刻に余裕あり、広造先生に横手までチャリごと送って頂いた。
岩手山Cルンゼ行時に次ぎ2回目。先生、済みませんでした、助かりました〜。


〜〜〜完


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ワルイ沢、スゴイ沢ですね。冒頭の写真、かっこよすぎです。
天気がよかったので、今頃おやぢさん、
楽しんでいるだろうなあと仕事しながら
うらやましがっておりました。
しかしまさか、夜中の1時に3時間かけて走っているとは
想像を絶してます。
すご〜。
ばりこ
2008/10/19 23:00
かっこいいでしょ〜、K造先生のフォームが決まってますからねw
本日の県体、勘違いと読図力の無さが露呈してしまいました(笑)
登行タイムはダントツ1位だったのですが指定時間内登行であれば一律同じポイントって=■●_バタッでした(笑)
ん・・ばりこさん日曜も仕事ですか、大変ですね。
でも、週末太平の沢があなたを待っている!ってね(笑)
おやぢ
2008/10/19 23:18
12日にK造先生と鳥海八合目でバッタリ遭って、明日はおやぢ殿とワルイ沢って言ってました。今回も一眼持って行ったんですね。沢も良いけど紅葉もきれいに撮れています。県体もお疲れさまでした。読図は難しいっすよね。地図上1mmで25mだから。
binchan
2008/10/20 06:36
binchan毎度。
け、け、県体は〜普段GPSと勘頼りのおやぢが「大勘違い続出」で「やっちまった」でした(笑)
筆記テストは満点だったのにナー(大笑)
でも懐かしい方等と交流も出来てキノコも採れえがったですよ。
おやぢ
2008/10/20 09:27
初めてコメントします。おやぢさんは、かなり本格的に山や沢登をやってらしゃるんですね。自分はトレッキングに毛が生えた程度です。
とし
2008/10/20 15:42
としさん初めまして。
ゼンゼン本格的ではありませんよ(笑)
まだまだ修行中の身、とは言いながら、花見登山から岩・雪・氷までマルチ?目指す、ただのおやぢです(笑)
おやぢ
2008/10/20 17:36
うわっ、写真いっぱいだね!なかなかダウンロードせんよ…(^^ゞ
ハートの紅葉しかと受け止めたぞ(笑)
今年最後の沢、素敵な沢でヨカッタね!!
山の弟子
2008/10/20 18:25
そうそう、今回も手抜きで写真を並べてしまった〜(笑)
ハート型の黄葉もええべ。
沢納めのつもりだったケドも一回行くべなw
おやぢ
2008/10/20 21:12
おはようございます。
写真全部出るのを待っている内に遅くなってしまいました。
良い写真がどんどん出てくるのですね。
まるで魔法の玉手箱だ。
この時期、沢ブログ見せてくれるのはおやぢさんくらい。紅葉と相まって良い雰囲気ですね。
次の期待は、沢と雪の競演です。よろしく。
甘納豆
2008/10/24 08:03
甘納豆様毎度です。

今回で沢納めと思ってましたが!
他の山の会の山仲間から誘われて25日にまた行く予定です。
寒気も入って寒いだろうにやはり「山バカ」なんですね(笑)
おやぢ
2008/10/24 09:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
10/13高松岳ワルイ沢〜コーフンの沢納め行 やまおやぢのほっつき歩記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる